2014年6月7日土曜日

珈琲舎 ROSSE 


珈琲舎 ROSSE
東京都町田市原町田4−3−6
TEL 042−722−3554
営業時間 9:00〜20:00
定休日 水曜日

コーヒーの基礎知識 枻出版社 の中のサイフォンのスペシャリストとして紹介されてい
る店
町田に在りちょうど図書館に行く途中にあるというすばらしさ
マスターとスタッフは結構話し好きでもありカウンターに座ればマスターの方からコーヒーについてあれこれ教えてくれる
基本はサイフォンだが客の注文しだいではペーパードリップにも対応してくれる
ROSSEをだしてかれこれ45年、店内は1回シャンデリアを変えた以外はそのまま、だからなのかは分からないがとにかく落ち着き、おそらく町田界隈のコーヒー好きで知らない人はいないであろう
ちなみに今は店内禁煙、タバコの煙で汚れたシャンデリアを掃除するのが大変だからという理由
珈琲そのもののレベルは今のところ一番、店を出て家に帰ってきても鼻に香りが残っているのが凄い
自家焙煎
豆の販売もしている


4 件のコメント:

  1. 同じコーヒーをサイフォンとペーパードリップの両方やってもらった
    これがまた今の僕のレベルでも分かるくらい風味が違うんだなー
    サイフォンとペーパードリップでは使う豆の量が違っていた
    マスター曰く
    ペーパードリップの方が豆の量は少ないが作るのに付きっきりになっちゃう
    サイフォンは複数台ある程度同時進行出来る
    ペーパードリップの方が経済的なんだけどねー
    との事

    返信削除
  2. ロッセのペーパードリップのこだわってる部分の一つを教えてくれた
    1回目の湯入れの蒸らしの時、どの教本も「”の”の字」に入れるとなっているけどロッセは1回目の蒸らしの時は「”川”の字」に入れるんだよって
    これはコーヒーを入れる技術を誰に学んだかによって違うと
    もちろんロッセが”川”にいれるのをこだわってるのは出来栄えに影響してると考えてるんだろうね

    返信削除
  3. どうしてROSSEって名前か聞いてみたら、イギリスにコーヒーを最初に広めた人がロッセ、17世紀に一気に広まり皆珈琲キメながら政治談義してたので、当時、コーヒー禁止令がでたとか
    昔は
    コーヒーショップではなくコーヒーハウスと言っていた

    町田で一番最初の珈琲やだからロッセにしたってさ

    返信削除
  4. ペーパードリップで2人分淹れる時の豆の量について聞いてみた
    基本一人分10g
    二人だから単純に掛ける2で20gではなく18g
    三人なら24g
    これがロッセ式計算

    返信削除